コンペでベスドレを狙ってみよう

最近は、ゴルフアパレルメーカーも増え、色々な色やデザインのウェアがあり、どれを選んでいいのか悩んでしまいます。

大型コンペや、アパレルブランドのコンペに行くと必ず設けられている賞、「ベストドレッサー賞」。

ベスグロよりもベスドレ!と言われるほど目立つ賞でもあります。

スコアよりウェア派の方や、おしゃれゴルファーの方は一度は狙ってみたい賞ではないでしょうか。

この、「ベストドレッサー賞」を取るにはいくつかポイントがあります!

数々のドレッサー賞の受賞経験がある、ゴルスタ藤原がその極意をみなさんに伝授します!

 


 

■まずは、基本の考え方です。

1、基本となる色を決める。

2、強い色を同じバランスで入れない。

3、中和してくれる色を決め、バランスを考える。

4、帽子や靴などのポイントとなるところには拘る。

5、小物を入れるとしたら、1点に絞る。あまりガチャガチャつけない。

小物はウェアと関連性のある色またはデザインのものにする。

6、女性の場合、帽子に合う髪型を考える。

7、基本、違うブランドのものを組み合わせない。

 

■ドレスコードが指定されている場合。

1、色の指定がある場合は、まずその色を軸に考える。

2、指定された色を多めに入れ、分かりやすいコーディネートにする。

3、もちろん小物の色も統一する。

4、色のグラデーションを作る。

例)ドレスコード青の場合

軸の色・・・青

グラデーション・・・水色、紺、白

例)ドレスコードピンクの場合

軸の色・・・濃い目のピンク

グラデーション・・・薄いピンク、白

なるべくこれ以外の色は控えるか、軸となる色が目立たなくならない程度に入れることがポイント!

 

■アパレルブランドのコンペの場合

1、新作ですべて揃える。

※なんといってもこれが基本です!

2、できたら靴まで揃える。

3、できたら小物も揃える。

4、今年一押しと思うデザインの中から、ひとつ主となるデザインを選ぶ。

5、違うデザイン×違うデザインに絶対しない。

6、柄×柄にしない。(ただし、同じデザインで着こなせる自信があれば可)

7、カタログと全く同じにはしない。基本はカタログで少し変える。

 


 

では、実際のウェアで説明していきます。

■第1回BLUCK WATCH CUP / ドレスコード赤oオレンジ 両方でも可

1、まず軸となる色を考える。

この場合、ドレスコードが赤かオレンジなので、どちらの色にするか、両方いれるかを考える。

「両方でも可」とあるので、両方使うほうがより良いと考える。

メインカラー・・・オレンジ/ウェアー

さし色・・・赤/帽子、靴下

中和される色・・・白

2、小物を考える

この場合、ポイントは帽子。その帽子に合う髪型にすることがポイント

平つばハット+ツインテール(ゴムの色オレンジ)にして、赤の眼鏡を装着!

着用ウェア:ジャックバーニー

best dress blickwatch

ベストドレッサー賞、ビームス様より15000円の商品券と、他にも色々いただきました。

 


 

■第3回BLUCK WATCH CUP / ドレスコード白黒(ブラックウォッチ)

 

1、まず軸となる色を考える。

この場合、白黒がドレスコードなので、迷わず黒と白にする。

黒と白は通常さし色として考える色ですが、その2色がドレスコードの場合、両方同じくらいのバランスで入れる。

もしどちらかの色を多く入れようと考えるなら、白をベースにしたほうが明るく映るのでお勧め!

2、さし色を考える

この場合、白と黒がドレスコードなので、さし色としてOKな色はグレーのみかな。

もしここで、ワンポイントで赤やピンク、黄色や緑などを入れてしまえばそちらの色が目立ってしまうため。

3、デザインを考える

白黒は、おしゃれだけど、どちらかというと地味な色のため、デザイン性のあるものを1点入れるのがポイント。

 

best dress blickwatch4

 

この場合、流行の恐竜をポイントにし、恐竜にインパクトがあるので、それ以外のデザインは入れない。

上下のバランスで上は白、下は黒のバランスが多いので、帽子は黒にする。

上が黒で、帽子が黒にしてしまうと、黒白ということが協調されず、黒のみと映りやすい。

 

 

best dress blickwatch3

 

黒のパンツは重く感じるので、あえて中途半端丈にして、靴はそれに合わせ白のハイカットにした。

この場合、ポイントは下(足元)。ポイントにしたいところはあえて、目立つよう工夫するとよい。

 

best dress blickwatch 2

ベストドレッサー賞、T-on様より、商品券30,000円分いただきました。

 


 

 

■パーリーゲイツカップ

こちらは毎年秋に開催され、ベストコーディネート賞は、パーリーゲイツホームページで紹介されています。

 

2014年開催

2014年秋のパーリーゲイツ一押しのデザインの中から、ポップコーンをチョイス!

カタログに掲載されている、ポップコーン柄のスカートとキャップに、カタログには掲載されていないトレーナーを合わせ、インナーのポロシャツで、メインカラーの黄色を入れる。

 

pearygates best dress 1

 

パーリーゲイツの帽子、ポロシャツ、タオルをいただきました。

 

2015年開催

 

pearygates best dress 3

 

2015年秋の一押し、恐竜柄をチョイス!

カタログに載っているもので、カタログに載っていないコーディネイトを考える。

ポイント:蝶ネクタイ、中途半端丈靴下。

 

パーリーゲイツのパーカーをいただきました。

 


 

 

■キャロウェイアパレル

2015年 秋開催

ベストコーディネート賞 ガールズ賞

キャロウェイアパレルには、色々なラインがあり、まずどのラインで揃えるか考えることが重要。

この場合、ガールズラインのベアで統一。

 

callway best dress 5

 

友達とお揃いコーデで、ベアのパーカーとインナーをいただきました。

 

 

2016年春開催

ベストコーディネート賞コレクション賞

このときのテーマは、HAPPINESS IN THE SKY

テーマに沿ったコーディネートをするのもコツ!

この場合、気球をイメージしたスカートと明るい色のポロシャツでコーディネート。

さし色は白。

白のベストとハットを入れることにより、派手な色でも清楚に見える。

 

callway best dress 2
callway best dress 1

 

コレクションラインの、ベルトと帽子をいただきました。

 


 

みなさんも、ベスドレをぜひ狙ってみてください。

コーディネートに関する質問などもお気軽にゴルスタホームページより問い合わせください。